スフェーンルースを調べてみた!

スフェーンのルース(裸石)を調べて見ました。
スフェーンは、ダイヤモンドをしのぐ分散率を持っていて、輝きの美しさで人気のある石です。
結晶の形がくさびの形をしているので、ギリシア語の「Sphenos」から由来して、スフェーンと呼ばれています。
成分にチタンを多く含むので、鉱物学的には、チタノイドと呼ばれることもあります。
硬度が5〜5.
5と低いので、金属で強くこすると傷がついてしまうほどです。
その上微量な放射能を持っているということで、アクセサリーに加工されるのはまれな石でしたが、圧倒的な輝きに人気が増しています。
0.
5カラット当たり、9,000円程度の価格とされていますから、特徴的なファイアの出る1カラット以上のものは3万円以上はするでしょう。
こちら