外貨mmfのデメリットは?リスクを回避する方法はある?

円建ての定期預金や外貨預金と比べると、メリットも多い外貨MMFですが、デメリットといえる特徴も持っています。
特に気になるのは、安全性を目指しているとはいえ、外貨預金と違って元本の保証がない点でしょう。
また、保管料も発生します。
そして外貨投資をするうえで避けられない、為替差損の可能性もデメリットと呼ぶかもしれません。
ただ、そういった事はあくまで運用の結果であって、預け入れ先の証券会社が破たんしたときはその時に預けてある外貨は守られるなどの利点もあります。
また、為替手数料は外貨預金よりも安く、よほどの政治的困難がなければ、分配金の大きさのほうが、為替差損の可能性よりも魅力的です。
これらのデメリットをカバーするために、円建ての投資を同時にしておくなどの工夫をすれば、不安も減るでしょう。
外貨mmf利回り比較