ADSLから光回線に変更するとipアドレスはどうなってしまう?

ADSL回線から光回線に変更したときに、固定IPアドレスが必要なサービスを受けていた硬は変更手続きをとらなくてはいけません。
ADSL回線の解約とともにそれまでのIPアドレスはいったん解消されますので、光回線の利用申し込みで再度固定IPアドレスの設定を受けて利用することになります。
固定IPアドレスの使用方法としては、インターネットゲームや、株式の取引など、同じアドレスでアクセスできるのでやりとりが便利であったり、サーバーを自分で設置したり、特定の人を招待して情報を公開するといったことができます。
回線の変更によって、IPアドレスが変更されると、固定IPアドレスで行っていたことの更新作業や変更作業が必要になってきます。
プランの変更や転居でこういった作業が必要なことがあるのです。
http://www.hikarikaisen-moushikomi.com/